陸上部経験なし→マスターズ陸上(800m)を挑戦まで その6(大学生と300m走)

スポンサーリンク
ランニング

昨日は休足日で足を休めたので、今日はポイント練習で800mのトップスピードを鍛えるトレーニングをしてきました。

陸上部経験なし→マスターズ陸上(800m)を挑戦まで その5(休足日)にて上半身トレーニング
今日はランニングの休足日にて、上半身のトレーニングをやっていきます。
スポンサーリンク

300m走x5本 休憩5分 設定45-48秒

今回は、たまたま大学生一年生の短距離走を専攻している子が知り合いにいるので、ぜひ300m走で私の限界を引き出してほしいとお願いしてトレーニングをしました。

300m走とは800mの時のトップスピードにあたります。このスピードが上がらないと目標のタイムを達成することは無いので、大切になります。

今回は300m✕5本 休憩5分のレペティショントレーニングになり、レぺテーションとはしっかり休憩をとって一本一本しっかりスピードを出す練習をやる事です。

しかも今日は中学生3人・小学生1人も参加してくれました。

まず1本目大学生には45秒を切るぐらいのスピードでお願いし、中学生はそれについていくように指示、私は小学生となるべく頑張るように走りました。

なんと大学生は300mを40秒で走ってしまいました。

とても速い❕もう少し出せるようでしたが、5本あるために抑えたそうです。

私は小学生と一緒にゴールしたので50秒で走りました。

2本目からは小学生に断りをいれて、私も大学生についていく事にしました。

大学生は41秒

私は44秒❕

私も45秒を切って走れる事にビックリしましたが、やはり速い人に前を走ってもらうとタイムが伸びる事を実感しました。最近の300mのベストタイムでした。いままでは48秒が最速なので4秒の更新は自信につながります。

3本目も44秒❕私の自信は確信につながります。私は絶対速くなっている❕

4本目は大学生は短距離だけあって、乳酸が溜まり過ぎて1本休みをいれたいそうだったので、小学生と大学生は休み、私と中学生で4本目を走り47秒やはり少し遅くなってしまいましたが、48秒より遅くならなければいいと思っていたので成功です。

5本目は大学生はまだ乳酸がキツイといってましたが走ってくれて42秒❕さすがです。私は最後の100mがキツく46秒になってしましたが、スピート練習としては大成功で上手くいきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました