TANITA(タニタ)体組成計・アスリートモードと一般モードの違い

スポンサーリンク
てらづ高橋接骨院

私は、しばらく前よりTANITA(タニタ)の体組成計を使っています。日頃は一般モードで体脂肪を測っていましたが、私自身も運動は日頃からやっているので、アスリートまではいかなくとも、準アスリートだと思っています。

スポンサーリンク

体組成計の仕組み

体組成計は身体に微弱な電気を流し、その抵抗の違いにより体脂肪を測っています。それを、たくさんのデータによって計算をして、おおよその体脂肪率を出しているようです。

・脂肪の多い人(筋肉の少ない人)⇒電気抵抗値が大きい
・脂肪の少ない人(筋肉の多い人)⇒電気抵抗値が小さい

私が使っている体組成計はBC-704で今は、もう作ってなくバージョンアップしたようです。バージョンアップしたのはBC-756になります。


アスリートモードとは


タニタでの研究により、一般成人とアスリートは身体組成が異なることが明らかになりました。
より正確な測定を行うため、アスリートには専用の計算式を用いて測定結果を算出する「アスリートモード」を開発しました。

いわゆる「アスリート」と呼ばれる方は、日々のトレーニングにより、一般成人に比べ、筋肉量も多く、骨格も太いという傾向がみられます。また、筋肉に含まれる水分量もトレーニングによって一般成人とは異なっていると考えられています。

タニタでは下記の条件に当てはまる方を「アスリート」と定義し、独自に開発した「アスリートモード」での測定を推奨しています。

・一週間に12時間以上のトレーニングを行っている方

・体育会やスポーツ実業団に所属し、競技会等を目指している方

・プロスポーツ選手

・ボディビルダーのように、筋肉量が多くなるようなトレーニングを行っている方

TANITA

これを私に当てはめると、

  1. 一週間に12時間の以上の運動はしていない。週に6~8時間程度の運動
  2. 体育会や実業団には所属していないが、マラソン大会を一年で3~5回に出ている(3キロ~10キロの大会メイン)
  3. 当然プロスポーツ選手ではない
  4. ウエイトトレーニングはしているが、ビルダーのような身体はしていない。

のが私自身なので、本当に中途半端です。

一般モードで測った時・アスリートモードで測った時の違い

アスリートモード一般モード
体脂肪率9.6%14.3%
体重66.3キロ・BMI21.466.3キロ・BMI21.4
内臓脂肪レベル3.57
筋肉量56.8キロ53.9キロ
基礎代謝1648Kcal1562Kcal
体内年齢(実年齢42歳)27歳30歳

かなり体脂肪率が変化してくるように感じています。私はアスリートモードで計測した時は低すぎると考え、一般モードで計測していました。

アスリートの身体

そこでウエストなどでアスリートと一般の体の違いを比べてみる事が出来ました。

男.BMI.22アスリート一般
体脂肪率10.3%(±3.4%)21.9%(±5.6%)
ウエスト70.7㎝(±3.3㎝)78.6㎝(±7.0㎝)
上腕伸展囲28.6㎝(±2.3㎝)27.0㎝(±3.2㎝)
ふくらはぎ38.7㎝(±2.0㎝)36.2㎝(±2.7㎝)
女.BMI.21アスリート一般
体脂肪率19.1%(±2.3%)30.3%(±2.0%)
ウエスト59.5㎝(±3.2㎝)69.3㎝(±5.0㎝)
上腕伸展囲23.6㎝(±1.0㎝)24.7㎝(±1.2㎝)
ふくらはぎ32.0㎝(±2.0㎝)34.8㎝(±1.3㎝)

私の今の体はこんな感じなので測定して比較していきます。

私のBMIは21.5アスリート
体脂肪率10.3%(±3.4%)
ウエスト70.7㎝(±3.3㎝)72㎝
上腕伸展囲28.6㎝(±2.3㎝)29㎝
ふくらはぎ38.7㎝(±2.0㎝)37.5㎝

私はアスリートかもしれません‼今度からはアスリートモードで測ってみます。

体脂肪率は、なかなか正確に測ることは出来ません。あくまで目安になります。がモチベーションを保つために参考にしていきたいと思います。私のように中途半端なトレーニーは身体を測定してからモードを選択すると良さそうです。

体脂肪率による見た目の違い

体脂肪率でこんなに変わって行きます。私は6~7%を目指して行きたいと思います。

ボディメイクには(運動3割・食事7割)とも言われています。みなさんも挑戦してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました