「継続は筋肉なり」10キロ40分切り大作戦・雪道ランニングその2

スポンサーリンク
ランニング

2020/1/10今回もコロナの影響で市の室内ランニング施設が使えない為、外でのランニングになりました。年末年始の大雪があり、山形では雪が積もっており走れるところを確保することが、とても大変になっています。雪がありますが、散歩する人が多い為に雪が固めてあるところを探して走っています。この場所は日陰が無いので、雪が凍るところが少ない為に、ここで今は走っています。

スポンサーリンク

ランニング

今回のランニングも指導している小学生・中学生に声をかけ、「小学生3人」「中学生3人」が集まってくれました。

小・中学生トレーニング

今回の練習は雪道でのランニングなので、自分のペースで5周を小・中学生には走ってもらいました。このコースは約660の周回コースになります。

その後に休憩をして小・中学生からは「転ばないスピードで速く」1周走ってもらいトレーニングを終了しました。中学生の速い子では、この条件でも2:25ぐらいで走れる様です。こんどは私も挑戦してみようと思います。

私のランニング

私は子供たちが来る前に、5周のアップ兼ジョグをして

その後に小・中学生が走っている時に6周走ってみました。私自身も雪道で走るのも慣れてきたようで、スピードを乗せる事が出来るようになってきました。心がけたのは「ミッドフットで着く事」「胸・腰より糸が前に伸びていて、それから引っ張られるように走る事」「腕振りをしっかりして、上半身をしっかり使う事」を意識しながら走りました。

最後に遅れてき小学生がみんなと同じ距離を走りたいと、言ってくれたので、一緒に4周を走りました。この小学生5年生の女子も速く、雪道をキロ5分ペースで走れるとは思いませんでした。

頑張る子には、私も一生懸命やっていこうと思いましす。

まもなく室内施設が使えるようになります、その時に落ちていないが心配ですが、その時はその時で、もう一度作っていこうと思います。

「継続は筋肉なり」

コメント

タイトルとURLをコピーしました