#74「継続は筋肉なり」・限界までのデッドリフト

スポンサーリンク
トレーニング

2020/10/20今日は背中のトレーニングの日ですが、昨日はトレーニング出来ませんでした。そこで胸のトレーニングをダンベルプレスで行い、背中をデッドリフトで攻めていきます。

スポンサーリンク

トレーニング

ダンベルプレス

継続は筋肉
継続は筋肉

久しぶりにダンベルプレスをしました。

以前は30キロのダンベルプレスは2~3回しかできませんでした。

ベンチプレスが100キロいけるとダンベルプレスは30キロを10回3セット出来るそうだったので、挑戦してみました

継続は筋肉
継続は筋肉

無事にダンベルプレスは30キロを10回3セットが無事に成功しました。

チューブ・ハーフデッドリフト

継続は筋肉
継続は筋肉

チューブとバーベルを使った背中のトレーニングになります。チューブを使うことで腰の負担が少なく、広背筋に刺激が入って来るように感じています。

今回は一回しか上がらなくなるまでトレーニングしていきたいと思います。

ハーフデッドリフト60キロ10レップ
ハーフデッドリフト95キロ+緑チューブ10レップ
ハーフデッドリフト95キロ+緑・赤チューブ6レップ
ハーフデッドリフト95キロ+緑・黒チューブ6レップ
ハーフデッドリフト95キロ+緑・紫チューブ4レップ
ハーフデッドリフト95キロ+緑・紫・赤チューブ1レップ
チューブの強度は4段階あり、赤は(6.8-15.9kg)・黒は(11.3-29.5kg)・紫は(15.9-38.6kg)・緑は(22.7-56.7kg)と使い分けが出来て使いやすいです。

チューブ・ラットフルダウン

継続は筋肉
継続は筋肉

胸を張り首を長くしてトレーニングすることで、広背筋の下部に刺激が入ってきます。広背筋を強くして背中にクリスマスツリーが出来てくること目標でトレーニングしていきます。

チューブ・ラットフルダウン・紫チューブ10レップ・3セット

チューブ・ワンハンドシーテッドロー

継続は筋肉
継続は筋肉

ここでも、ラットプルダウンと同じで広背筋をイメージしながらトレーニングしていきます。胸を張り首を長くしてトレーニングすることで、広背筋の下部に刺激が入ってきます。ここでも同じです。

動画は両手でやってますが、トレーニングは片手で引っ張てます。

チューブ・ワンハンドシーテッドロー・黒チューブ左右10レップ・2セット
継続は筋肉
継続は筋肉

今までで、最大の張りが広背筋に感じました。

肩のジャイアントセット

継続は筋肉
継続は筋肉

肩はサクッと、ショルダープレス・サイドレイズ・リアレイズ・アップライトロウを黒チューブで15回ずつ連続でトレーニングしていきました。

肩が燃えるような刺激が入り、肩が張っています。

肩のジャイアントセット・黒チューブ15回ずつを2セット

明日は

継続は筋肉
継続は筋肉

明日は胸のトレーニングを軽くトレーニングしていきます。

「継続は筋肉なり」

コメント

タイトルとURLをコピーしました