#72「継続は筋肉なり」・デッドリフト中心の背中のトレーニング

スポンサーリンク
トレーニング

2020/10/17今日のトレーニングはデッドリフトを中心に行いました。デッドリフトは背中のトレーニングで筋肉トレーニングのBIG3のスクワット・ベンチプレスと共に最高で最強度のトレーニングになります。

スポンサーリンク

トレーニング

チューブ・ハーフデッドリフト

継続は筋肉
継続は筋肉

チューブとバーベルを使った背中のトレーニングになります。チューブを使うことで腰の負担が少なく、広背筋に刺激が入って来るように感じています。

ハーフデッドリフト60キロ10レップ
ハーフデッドリフト80キロ10レップ
ハーフデッドリフト95キロ+緑チューブ6レップ
ハーフデッドリフト95キロ+緑・赤チューブ6レップ
ハーフデッドリフト95キロ+緑・黒チューブ6レップ
ハーフデッドリフト95キロ+緑・紫チューブ4レップ・3セット
チューブの強度は4段階あり、赤は(6.8-15.9kg)・黒は(11.3-29.5kg)・紫は(15.9-38.6kg)・緑は(22.7-56.7kg)と使い分けが出来て使いやすいです。

チューブ・ラットフルダウン

継続は筋肉
継続は筋肉

胸を張り首を長くしてトレーニングすることで、広背筋の下部に刺激が入ってきます。広背筋を強くして背中にクリスマスツリーが出来てくること目標でトレーニングしていきます。

チューブ・ラットフルダウン・紫チューブ8レップ・4セット

チューブ・シーテッドロー

継続は筋肉
継続は筋肉

ここでも、ラットプルダウンと同じで広背筋をイメージしながらトレーニングしていきます。胸を張り首を長くしてトレーニングすることで、広背筋の下部に刺激が入ってきます。。ここでも同じです。

チューブ・シーテッドロー・紫チューブ8レップ・4セット

チューブ・バーベルカール

継続は筋肉
継続は筋肉

チューブとバーベルを使かうことで、上腕二頭筋の刺激が逃げません。

バーベルカール15キロ・赤チューブ限界まで・5セット
赤チューブは6.8キロ~15.9キロの負荷があります。

明日は

継続は筋肉
継続は筋肉

明日はランニングトレーニングをしていきます。前回は2部練をしましたが明日は、一回だけのトレーニングでインターバルなどを入れていこうと考えています。

「継続は筋肉なり」

コメント

タイトルとURLをコピーしました